「会社辞めます。」社内に公表するのは転職先が決まってから!

転職活動は社内の人にばれないように
活動するのが基本ですが、
たまにバレバレ、レアケースだと
自分で言っちゃう人がいます。

ここから離れたいんや!!という思いが
昂ぶってそうなるのかはよく分からないですが、
転職先が決まって、上司にきちんと報告するまでは、
そういった行動は控えたほうがいいです。

わかってるよそんなこと~~という人が
ほとんどだとは思いますが、
いたんですよ、レアケースの人が。
超身近に・・・^^;

その人はある時期からすごい
やめるやめるオーラを出してて、まわりにも
「もうすぐやめるから」とか、
「お誘いもあったりするんですよね」とか、
結構ほのめかしてました。

そういいながらもわりと長いこと
働き続けていたのですが、一緒に仕事していて
あまりいい感じではなかったです。
それに、雰囲気的にも
「なんだかんだ意見も言ってくるけど、
やめるんでしょ?」という感じに・・・。

そして1年後くらいに正式にやめるということで
送迎会の準備をしていたものの、
いきなり「やっぱりやめません。」と言い出して、
でも結局半年後くらいにやめました。
一体なんだったんだろ^^;

ここまでの人はあまりいないと思いますが、
転職先が決まるまで転職活動していることは
隠しておきましょうというのは、
わざわざ周りの士気を下げるようなことはしない
というのが、理由の一つとしてあげられます。

二つ目の理由として、自分が働きにくい環境を
わざわざ作らないということです。

みんなそれぞれ頑張っているから、
ずっと「やめるから~~」と言ってる人に
力を貸そうとは思わないでしょうし、
そのうちやめる人だからって扱われはじめちゃいます。

それに、何かの理由でやっぱり転職はやめようとなったとき、
「あれ?やめるんじゃなかったの?」って、
へんな感じになったりします。
働きづらくしてしまった環境を修復するのって、
なかなか大変です。

そして最後に、もっとも大切なこと。
信頼を失うようなことはしない。

やめるにしてもなんにしても、
自分の責任は全うすること。
やるべきことはキチンと丁寧に終わらせること。
これは大事です。

転職した後も、もしかしたらつながりが
あるかもしれないし、そのつながりを通して
仕事が入るかもしれない。
元いた会社の人づてに、
自分がどんな仕事をしていたか、
誰かの耳に入るかもしれない。
世間って意外と狭いですから。

そういった人とのつながりなど、
今後のことをキチンと考えるなら、
自分の信頼を失うような行動は
しないほうがいいです。
立つ鳥跡を濁さずってやつです。

本当に仕事ができる人っていうのは、
人との繋がりが仕事を運んでくることや、
信頼があってこそ人間関係や仕事が成り立つことを
よくわかってるんだろうな~と思います。
見習わないとな~~(汗)

あとは、退職するにあたって必ず
しなければならないのは引継ぎですよね。
この職場から解放されるんや~~という
解放感からか、引継ぎを適当にする人がいますが、
そういうものこそ、遺産を残すつもりで
きっちり最後まで仕事をしてください。

最後までキッチリ丁寧に仕事をするかどうかで、
「○○さんがいてよかった。」になるか、
「あの人適当だったね。」になるか、
分かれます。

いままで頑張ってきたものがあるんだから、
最後の最後にその頑張りを汚してしまわないように、
転職先が決まるまでは誰にも言わない。
そして公表した後もやるべきことはきっちりやる。
そうやって信頼を裏切らないように全うしてから、
次のステージに進んでください。