第一志望にいけなきゃ意味がないと思ってない?

第一志望に絶対いきたい!いけなきゃ意味がないんだ!と思ってませんか?

 

そりゃ第一志望に入社できたらうれしいですよね。

憧れの会社で働く自分、希望いっぱいでキラキラしてる自分。

想像するだけでまぶしいですね。

 

しかし、そんな未来を思い描いていたのに第二、第三、

ともすれば第四、第五・・・第・・・なんて場合もあります。

 

今から就活だ!!な人からしたら、

「そんなこと言うなよ~テンション下がるわ~」かもしれませんが、

そういう場合もあるよということで、

ご参考までによろしくお願いしますm(_ _)m

 

必死に就職活動していると、企業に入ることがゴールになることがよくあります。

直近で言うと、大学に入学することがゴールになることと一緒です。

「そうだ!!絶対あそこに行きたいんだ!!それが目標なんだ!!」と

意思が強固な人もいると思います。

 

でもちょっと待った。

 

大学を出て社会人になるということは、

大人として自分の力で稼いで生きていく

スタート地点に立つということです。

 

または、社会に対して自分はこうやって生きて

こういうことを成すという目標の

スタート地点に立つということです。

 

 

そのスタート地点に立つという意味を考えた時、

第一志望の企業はどれだけの意味合いを持っているでしょう?

 

 

「自分は○○をやりたい。そのためにはこの企業に入ることが必須だ!」

と、ハッキリとその企業でなければいけないビジョンがあれば

何もいうことはありません、頑張って!!

 

 

でも、どうしてもこの企業じゃなきゃいけない

というものがない場合はどうでしょう?

第一志望に固執する必要ってあるでしょうか?

 

 

「そんなあんた、じゃあ何を軸に頑張ればいいの?」

 

 

ここでめっちゃ役に立つのが、

あなたが今まで頑張ってきた自己分析です。

 

 

自分が本当にやりたいことは何なのか?

そのために必要なものは何なのか?

 

そこをしっかり分析していれば、第一志望でなくとも

望む業界・業種の会社はたくさんあります。

社名うんぬんではなく、あなたのやりたいことを実現できる

会社を選んで就活をすればいいんです。

 

 

「自分がやりたいことを実現する」

その軸さえしっかりしていれば、

社名は関係ない、周りの目だって関係ない。

 

 

どうでしょう?

少しは気が楽になったでしょうか?

そうだといいな^^

 

 

「そうはいってもなかなか内定がもらえない・・・」

「もうどこでもいいから内定ほしい」

「お祈りばかりされると、だんだん自分が

社会から必要とされていないと思えてくる・・・」

 

大丈夫です!!

そんな気持ちになって当たり前です!!!

不採用ばっかりもらったら誰だってそうなる!!!!

 

なので、今度は私の経験も踏まえて、

「マジか~全然内定もらえませんもう無理や」となった時、

どうやって内定もらうに至ったかをお伝えしようと思います。